ネットで稼ぎたいなら!スマゲービジネスがベストです!

ネットで稼ぎたいなら!スマゲービジネスがベストです!

オンラインゲーム感覚で楽しく働ける「スマゲービジネス」をご存知ですか?

近頃話題となっている「スマゲービジネス」、既にご存知の方もいらっしゃるのではないかと思います。これはパソコンいらずの楽々副業として、主婦やOLなどの女性を中心に広がりを見せています。
このスマゲービジネスは他の副業やサイドビジネスなどと、何が違っているのでしょうか?そして、人気を博しているのは何が理由となっているのでしょうか?

そもそもこの「スマゲービジネス」をまだご存知ない方もたくさんいらっしゃると思うので、どういうものか簡単に説明させて頂きます。
スマゲーとは“スマートフォンゲーム”を略したものであり、その名前の通り、スマートフォンでゲームをしながら楽にビジネスを展開しましょう、といったものになります。

「ゲームをしながらビジネスを展開する」ということにピンとこない人もいるかと思いますが、いったいどういうことなんでしょうか?
言うまでもないことですが、ゲームを好きな人はとてもたくさん存在します。人気ハードの後継機や人気タイトルの発売日には朝から店前に行列を作る人の姿や、会社を休んでまでそのゲームに勤しむ人の姿も珍しくありません。

またここ数年はスマートフォンの普及やアプリ開発技術の進歩により、スマートフォンでゲームを楽しむ人も急増しています。オンラインゲームに必要以上に課金してしまい、社会問題になったこともありました。
現在では日本の文化のひとつとして完全に定着し、オンラインゲームの開発会社は雨後の筍のように増加・成長して、その勢いはまだまだ続いています。

そんな中に登場したのがこの「スマゲービジネス」です。

なぜスマゲービジネスはゲームをすることでお金を生み出せるのか?

「スマゲービジネス」は現在主婦やOLなど、比較的若い層の女性を中心に人気を広げています。その背景や人気の秘訣を探ってみます。
スマゲービジネスはあるIT系の開発会社でシステムエンジニアとして勤務していた吉野博洋という人物によって生み出されました。

生まれつきのゲーム好きであった吉野さんは、アーケードゲーム、テレビゲーム問わずいろいろなゲームを遊びつくし、その後あるサイドビジネスと出会ったことで、ゲームの要素をサイドビジネスに取り混ぜることで新しいインターネットビジネスを作り出せるのではないかと思い立ち、一から開発したものがこの「スマゲービジネス」なんです。

スマゲービジネスの大きな特徴は、「ゲームをする感覚でサイドビジネスで稼げる」ということです。
サイドビジネスというと難しそう、面倒そう、時間がかかりそうなど何かとハードルが高い印象を与えがちですが、それらのハードルを全てクリアしたものとなっています。

皆さんも経験があるかと思いますが、人間は楽しい時間を過ごしていると、その時間が経過するのがあっという間に感じます。その感覚でできてしまうのがスマゲービジネスです。
特別な技術を要求されることもないので、ゲームを遊ぶ感覚そのままにあっという間にサイドビジネスを展開して、その結果お金を生み出す、という従来の常識では考えもしなかった新しい発想が人気を呼んでいるのです。

さらに、一日あたりの作業がだいたい30分くらいで収まることも人気の理由です。仕事に留まらず、ゲームだとしても一日に何時間もやるのは何かと疲労が溜まってしまいます。
また、いくら楽しいものであっても、あまりに長い時間を必要とするとすぐ飽きてしまったり、集中が続かなかったりで良い成果を上げることも困難となってしまいます。

その点、このスマゲービジネスは休み休みでも一日30分くらいの取り組みだけで済んでしまいます。ちょっとした空き時間などを使って取り組むことも可能です。
また、スマートフォンがあればいいので、その場所を選ばないことも大きな特徴です。

サイドビジネスは自宅でやるもの、という印象を持っている人もいるかもしれませんが、スマートフォンとネットに接続できる環境さえあればどこでもできることも人気の要因の一つとなっています。
社会人など、毎日まとまった時間を取るのが難しい人でもこれならできる、ということで人気になっています。

スマゲービジネスが詐欺?その真偽について

現在人気となっているスマゲービジネスですが、インターネット上では稼げない、詐欺だという話を見受けます。なぜそのような話になっているんでしょうか?そしてその真偽はどうなんでしょうか?
スマゲービジネスに対して否定的な話をしているサイトをいくつか見つけましたが、奇妙な特徴がありました。

どのサイトも、最終的に別のサイドビジネスを紹介する流れになっていて(そのサイドビジネス自体は別々のものでしたが)、どうもそのサイドビジネスに勧誘するためにスマゲービジネスを叩いているような印象でした。
おそらく、そのサイドビジネスに勧誘が成功することによって成功報酬をもらえる仕組みになっているのでしょう。皮肉ですが、それもサイドビジネスのひとつでもあったりするのです。

自らの稼ぎを増やすために、ライバルになりうる商材を比較対象に挙げ、ライバルをボロボロに批評して最終的には自分が勧誘したい先に流してその報酬を得る、という手段のようです。
諸外国では比較CMなどと言って、ライバル会社の商品を取り上げた上でそれよりもこちらの方が優れている、というやり方はポピュラーな方法になっています。しかし、日本ではあまりそのようなやり方は好まれません。

以前もある炭酸飲料のCMで同じようなことがあり、批判が集まった結果放送中止を余儀なくされた、といったことがありました。
今回のケースも同様で、無関係なものをいきなり取り上げてあることないことを言って非難するやり方自体も好ましいものではありませんし、その方法で紹介された商材をありがたがって申し込む人はいないのではないでしょうか。

インターネット上では特に真偽が明確になっていない情報が溢れています。どの情報を受け取り、どの情報を信じるかはそのユーザーに委ねられている状態です。
全くの赤の他人である第三者の発言を鵜呑みにするのではなく、ひとつの意見として受け取り、その真偽を自ら調べたりすることで信頼できる情報を取捨選択できるようにしてください。

スマゲービジネスはクーリングオフ適用外となる可能性

ところで、スマゲービジネスを始める際には十分に注意しなければいけないことがあります。スマゲービジネスは基本的にクーリングオフは適用されないことがほとんどとなっています。
なぜそうなっているかというと、スマゲービジネスは自らの意思によって契約を行うものとなっています。

訪問販売などであれば不意に勧誘されてその場の流れで申し込みを行ってしまう可能性があるので、そういうケースであればもちろんクーリングオフは可能です。
しかし、スマゲービジネスはそういったものではありません。もしスマゲービジネスを始める際は、その点も事業者に対して予め確認しておくようにしてください。

クーリングオフの有無に関わらず、契約ごとに関しては慎重に物事を進めるようにしましょう。
スマゲービジネスはそれを取り組むまでのハードルが比較的低いものではありますが、だからといって勢いで始めてしまうのは危険です。

スマゲービジネスに限ったことではありませんが、サイドビジネスを始める際はそれまでの生活サイクルや仕事のバランスなども踏まえ、本当に必要なものかどうかをしっかり吟味した上で始めるようにしましょう。

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. HIDE より:

    スマゲービジネスを始めようか迷っていたのですが、決心がつきました!
    頑張ってみようと思います!

コメントを残す

*