スマゲービジネスは口コミで評判!楽しみながらお金を稼ぐ!

スマゲービジネスは口コミで評判!楽しみながらお金を稼ぐ!

スマゲービジネスは日本文化の融合?

外国の人たちが日本に対して抱いているイメージとして、「とても勤勉である」という印象があります。
「過労死」といった言葉がそのまま英語の辞書に載ってしまうほど、日本人はとにかく働くといったイメージが持たれています。

勤勉であること自体はいいことだと思うのですが、死ぬまで働かされるのはさすがにやり過ぎですし、そのイメージは決していいことばかりではなく、ブラックジョークとして言われている側面もあり、真面目に働く日本人、というイメージは良い面、悪い面の両方の印象を与えています。

そして、それ以外に抱くイメージとして「アニメやゲームの文化が発達している」という点があります。

いまだに秋葉原などには多くの外国人客がアニメグッズなどを買いにきたり、日本発のゲームには外国人も虜にするほど魅力的なものとなっており、今ではコンピューターゲームの世界大会が「eスポーツ」と呼ばれ全世界で楽しまれています。これは純粋に外国に誇れる文化であると思います。

その「働く」と「ゲーム」という日本を代表する文化が融合した、新しいインターネットビジネスはご存知でしょうか?
「スマゲービジネス」というその新しいビジネスが、いま若い世代を中心に静かなブームとなっています。

私も実際にを体験し、その面白さとビジネスとしての機能の両面を実感いたしました。いまなぜ「スマゲービジネス」がブームを迎えようとしているのか、そしてその魅力はどこにあるのかご紹介したいと思います。

若い世代に受け入れられたスマゲービジネス

この「スマゲービジネス」は、何と「ゲームを楽しむその感覚でサイドビジネスを展開する」という、ひと昔前の常識では考えられなかった最新のインターネットビジネスです。
「楽しんでお金を稼ぐ」という感覚は、年配の方にはなかなか受け入れられないものかもしれませんが、特に若い世代ではそのような先入観はなく、実際に体験してみて自分に合ったものかどうかを判断しているようです。

ここ数年、スマートフォンを使ったアプリゲームがとても人気となっており、有名アイドルが出演するテレビCMなども放送されています。電車に乗っていると、車内でずっとゲームを楽しんでいる人も大勢いらっしゃいます。
この「スマゲービジネス」は、そのスマートフォンでゲームを遊ぶその感覚で、スマートフォンを操作してビジネスを回しお金を産み出すというものです。

スマートフォンがあればできる、パソコンが不要である、ということが大きな特徴です。現代の学生はパソコンを使わない人も多く存在し、キーボードの入力がなかなか覚束ないという人もいます。
また、パソコン一式を用意するとなるとそれなりのお金が必要になるので、スマートフォンやタブレットがあれば事足りると判断してパソコンを持たない人もたくさん存在します。

そういう世代だからこそ、この「スマゲービジネス」が人気になっているのかもしれません。
また、特に時間帯を制限しないということも人気の要因のひとつです。本業や学生生活と両立ができること、いまのライフスタイルを大きく崩すことなく始められることも強みとなっているのです。

接客など相手のある仕事だと、どうしてもその相手に合わせる必要がありますが、「スマゲービジネス」に関してはその必要はないので、時間を拘束されたくない、働くとしても自分のペースでできる仕事をしたい、という人にはうってつけの内容だと思います。

そしてその操作性についても言及しますと、難しい操作を要求されることは一切ありません。スマートフォンでゲームをやり慣れている方ならすぐその感覚をつかむのではないでしょうか。
もちろんその経験がない方でも問題ありません。テキストを渡されるので、それに載っている通りに進めていくだけでよいのです。

私もスマートフォンでは簡単なゲームしか遊んだことがなかったのですが、それでも慣れるまで時間はそんなに必要としませんでした。

スマゲービジネスはビジネスです!

本当にゲームをするだけで稼げるんだろうか、うまいことをいって騙そうとしているんじゃないか、と考える人は実際多いと思います。
私も、そんな話があるものかと最初は思っていました。しかし、実際に体験してみるとその思い込みが全く違っていたことに気付きました。

この「スマゲービジネス」は、ゲームをしながらビジネスをする、というよりも、ビジネスをしていることそのものがゲームを操作する感覚であった、と言えます。
どういうことかというと、お金を産み出すことそれ自体はれっきとしたビジネスであり、「スマゲービジネス」も決してゲームではなくちゃんとしたビジネスなのです。

ただ、このお金を産み出すモデルにゲームの要素が取り入れられているのが「スマゲービジネス」です。
「ゲームしながら稼げる」という文言が独り歩きしがちですが、ビジネスモデル自体はしっかりと構築されたものであり、あくまでもその中にゲーム要素を取り込んだに過ぎません。

「スマゲービジネス」を稼げないと非難している人はこのゲームしながら稼ぐという点に突っかかっているようです。
「ゲームをしながらお金を稼げるわけがない」と表面だけを切り取って非難していますが、おそらく実物をやったことがない人なのでしょう。

ゲームをして稼いでいるわけではなく、ゲームの要素を取り入れ、稼ぎを出すのが難しかったビジネスを容易にできるようにした、と言い換えたほうが適切でしょう。
ゲームをして稼げるのはプロゲーマーだけです。「スマゲービジネス」でやっていることは、あくまでもお金を産み出すためのビジネスです。

最後にスマゲービジネスについてもっと詳しく

「スマゲービジネス」についてもう少し紹介したいと思います。
この画期的なビジネスシステムを作成したのは吉野博洋さんという方で、エンジニアとしての経験をもとに、元来のゲーム好きだったことが高じて両者を組み合わせた新しいインターネットビジネスを作り上げたということです。

あまりインターネット上で大々的に宣伝することはせず、口コミを中心にじんわりとそのシェアを広げていきたいということでした。
「スマゲービジネス」の特徴は他にもまだまだあります。先ほども軽く話しましたが、時間の拘束がとにかく少ないです。

所要時間は慣れてくれば1日でせいぜい30分くらいでよく、睡眠時間やプライベートな時間などを必要以上に削る必要がありません。
他の副業では自宅作業であっても数時間の作業時間の拘束が付き物ですが、「スマゲービジネス」はその必要はほぼありません。

ですので、お仕事が別にある方でも電車での移動時間や、食事休憩などの時間を充てることができ、無理なく稼ぎを増やすことができます。
また、主婦の方や病気療養中の方など、自宅にいることが多い方にも適している内容になっています。

そして何よりも大事な収益額ですが、私はまだ始めて1ヵ月程度ですが、それでも13万円の収入が生まれました。
最初1週間くらいはなかなかお金にならなかったのですが、一度収入が出だすと面白いように収入が増えていきました。

収益が出るタイミングやその額には個人差があるようですが、早い人では開始して3~4日でお金になるそうです。今後仕事のコツが理解できてきたらもっと増えそうな予感もあるので、それを楽しみに続けていくつもりです。
「スマゲービジネス」を実際に体験するかどうかはもちろんあなた次第ですが、私のこの体験談が参考になると嬉しいです。

ただ、合うか合わないかはどんな仕事にもあると思うので、合わない方にこのビジネスを押しつける形になってしまったら私も悲しくなってしまいます。
一度トライアルで試してみるなどして、その感覚をしっかり体験した上で検討するようにしてみてはいかがでしょうか?

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*